FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



   セクシーなグラビアアイドル画像がいっぱい ⇒  FC2ブログランキング

   気になるアイドル画像がいっぱい ⇒  人気アイドルランキング

   気になる芸能界の裏ネタや芸能界の噂がいっぱい ⇒  芸能界のう・わ・さ!!



  古いパソコンがサクサク動くようになるウイルス対策ソフト

  アクセスアップ.NET(無料でアクセスアップ)

アイドルチャンネル

人気ブログ ranking
アイドルセクシー画像ギャラリーランキング

FC2ブログランキング
電子書籍・電子コミックをダウンロードして読む。読書の新しいスタイル!

グラビアアイドル ranking
「芸能界の噂ランキング」芸能界の裏ネタ、裏画像など極秘情報満載!!

エンタメ ranking
大画面で楽しむオンデマンドムービー DMM.TV

セクシーアイドル ranking


人気アイドルランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン CoRichブログランキング FC2ブログランキング

荒川静香のセクシー画像を探そう! 

荒川静香さんの画像 荒川静香(あらかわ しずか)アイドル画像を探そう!

 荒川静香セクシー画像を探そう!エロ 水着 おっぱい
 グラビアアイドルの画像 アイドルの画像 モデルの画像
 荒川静香を応援してね!→  entameranking



荒川静香 セクシー画像 ranking アイドルセクシー画像を探そう エロ 水着
荒川静香 セクシー画像 No.001 アイドルのセクシーな画像 おっぱい画像
荒川静香 セクシー画像 No.002 グラビアアイドルのセクシーな画像 おへそ
荒川静香 セクシー画像 ranking グラビアアイドルセクシー画像を探そう 水着
荒川静香 セクシー画像 No.003 アイドルのセクシーな画像 おっぱい
荒川静香 セクシー画像 No.004 グラビアアイドルのセクシーな画像 おっぱい
荒川静香 セクシー画像 ranking アイドルセクシー画像を探そう パンチら画像
荒川静香 セクシー画像 金メダルへの道 アイドル画像
荒川静香 セクシー画像 No.005 アイドルのセクシーな画像 おっぱい
荒川静香 セクシー画像 No.006 グラビアアイドルのセクシーな画像 おっぱい
荒川静香 セクシー画像 Ranking アイドル画像を探そう エロ水着 おっぱい
荒川静香 セクシー画像 Rakuten グラビアアイドルのおっぱい画像を探そう
荒川静香 セクシー画像 YouTube アイドルのグラビアアイドル画像を探そう
荒川静香 セクシー画像 No.007 アイドルのセクシーな画像 おっぱい

荒川静香セクシー画像をもっと見る グラビアアイドル 人気ランキング

荒川静香(あらかわ しずか、ラテン文字:Shizuka Arakawa, 1981年12月29日 - )は、日本を代表する女性プロフィギュアスケーターである。2006年トリノオリンピック女子シングル金メダリスト。2004年世界選手権チャンピオン。

生年月日: 1981年12月29日
出身地: 東京都品川区
血液型: O型
公称サイズ(2003年時点)
 身長 / 体重: 166 cm / 53 kg

荒川静香を応援してね!→  entameranking

荒川静香 人物
東京都品川区の病院で生まれ、神奈川県鎌倉市で1歳4ヶ月まで過ごす。父親の転勤に伴ない高校卒業まで仙台で育った。静香という名前は、出生時の現住所である鎌倉に縁のある静御前に因んで名付けられた。宮城県に転居後、仙台市(現・同市青葉区)のわかくさ幼稚園に通園。仙台市立台原小学校入学。6年生の途中で同市のベッドタウンである利府町に引越し、利府町立しらかし台小学校に転入。利府町立しらかし台中学校卒業、東北高等学校卒業(本田武史より1学年後輩)。早稲田大学教育学部卒業(村主章枝より1学年後輩)。プリンスホテル所属。

栄典は紫綬褒章受章。賞歴は宮城県民栄誉賞、JOCスポーツ賞特別功労賞、JOCスポーツ賞最優秀賞、JOCオリンピック特別賞受賞など。

海外メディアからは、ポーカーフェイスな表情から「クールビューティー」と称されていた。日本での愛称はしーちゃん。しーちゃんと呼んでいるのは本田武史をはじめ、後輩の安藤美姫、高橋大輔などの代表選手、佐藤有香、恩田美栄など多岐にわたる。特に、安藤や恩田に慕われており、プライベートでも非常に仲が良い。長野オリンピックとソルトレイクシティオリンピックの日本代表を争った村主章枝とは確執が取り沙汰されていたが、トリノオリンピック中に一緒に食事をするなどし和解が報じられた。

身長166cm、血液型O型。一人っ子である。趣味はグルメ。

荒川静香を応援してね!→  entameranking

荒川静香 経歴
少女時代(-1994)
5歳のとき「ちびっ子スケート教室」に入会、小学校入学後本格的にフィギュアスケートを始めた。他にも3歳から水泳を始め6歳で全泳法を覚えるなど幼少時よりスポーツ万能であった。泉市(現:仙台市泉区)のオレンジワン泉(2002年から「コナミスポーツクラブ泉」と改称し2004年12月閉鎖。2007年3月「アイスリンク仙台」と改称し再開)に通い、本田武史を育てた長久保裕に師事。小学校3年生のときに5種類の3回転ジャンプをマスターし「天才少女」と呼ばれた。10歳で第一回野辺山合宿に参加、12歳のときに初めての国際大会であるトリグラフトロフィーに出場し、優勝を果たす。

中学時代(1994-1997)
全日本ジュニア選手権で史上初の3連覇を達成し、全国中学校スケート・アイスホッケー大会でも3連覇を達成、国際大会のネーベルホルン杯でも連続3回転ジャンプを成功させ優勝するなど才能を開花させる。中学3年生でシニアの第65回全日本選手権に特例出場し2位(優勝は村主章枝)。1997年世界選手権の日本女子シングル代表枠は2枠であったが、ジュニア選手であったことやシニアでの実績がないことから世界選手権代表に選出されなかった。

高校時代(1997-2000)
シニアへ完全転向した東北高校1年生の1997-1998年シーズン、第66回全日本選手権で初優勝を果たし、たった1枠しかなかった長野オリンピックと1998年世界選手権の女子シングル日本代表を勝ち取る。その長野オリンピックでは今上天皇、皇后観戦のもとで演技を行い、ショートプログラムでは連続3回転ジャンプを成功させるが13位(ショート14位、フリー14位)、初めての出場となる1998年世界選手権では22位(ショート22位、フリー21位)に終わった。

1998-1999年シーズン、第67回全日本選手権で2連覇を果たし、続く全国高等学校スケート選手権大会(インターハイ)でも優勝、1999年アジア冬季競技大会では2位となるが、初めて行われた1999年四大陸選手権で6位となり、1999年世界選手権の代表権を得られなかった。これ以後スランプに陥る。

1999-2000年シーズン、第55回冬季国民体育大会冬季大会(青森国体)で優勝を果たすが、スパルカッセンカップ、NHK杯、第68回全日本選手権で5位となり、再び2000年世界選手権の代表権を得られなかった。

大学生時代(2000-2004)
2004年世界選手権自己推薦入試で早稲田大学に進学しプリンスクラブに在籍した2000-2001年シーズン、第26回東日本フィギュアスケート選手権大会で優勝を果たすが、国際大会ではロシア杯7位、ラリック杯9位、四大陸選手権6位と振るわず、第69回全日本選手権は2位。

2001-2002年シーズン、ソルトレイクシティオリンピックの女子シングル日本代表枠は2枠であったが、グランプリファイナルに進出した恩田美栄が早々と内定を得る。残りの1枠を賭けた第70回全日本選手権では4年前と同様に村主章枝との事実上の一騎打ちとなったが敗れて2位、ソルトレイクシティオリンピックの出場権を得ることができなかった。

2002-2003年シーズン、恩師である長久保コーチが「ソルトレイク五輪に出場できなかったことでやっとやる気になった」と後年述べたように、荒川は精力的に試合をこなす。10月の東京フィギュアスケート選手権大会(優勝)を皮切りに、同月関東学生フィギュアスケート選手権大会(優勝)、11月ロシア杯(5位)、同月NHK杯(3位)、12月第71回全日本選手権(3位)、新年1月ユニバーシアード冬季競技大会(優勝)、2月冬季アジア大会(優勝)、同月四大陸選手権(2位)、同月初めての進出となるグランプリファイナル(4位)、3月には5年ぶりとなる2003年世界選手権(8位)、4月国際チャレンジ(7位)。エキシビションイベントも3公演に参加するなど、驚異的なスケジュールをこなし何かが変わったシーズンであった。

2003-2004年シーズン、大学生生活の集大成となるこのシーズンではスケートアメリカで3位、続くスケートカナダ2位、ラリック杯2位となり、2年連続でグランプリファイナルに出場(3位)。第72回全日本選手権では3位となったが、2004年世界選手権の切符を得た。 ドルトムントで行われた世界選手権では予選で1位、ショートプログラムで2位となり、迎えたフリースケーティングでトリプルルッツ-トリプルトウループ-ダブルループ、トリプルサルコウ-トリプルトウループのコンビネーションジャンプなど全てのエレメンツを完璧に決め、技術点でジャッジから完全無欠を意味する6.0満点を獲得し、日本人選手として10年ぶり3人目の優勝を果たした。

なお、荒川は大学卒業後の所属先も未定だったこともあり、この世界選手権を最後にアマチュア引退を決意していた。しかし、帰国後にプリンスホテルへの所属が決まり、周囲のトリノオリンピックへの期待も高まり、迷いながらも現役続行することになる。

社会人時代(2004-2006)
2004-2005年シーズン、新採点方式が本格導入されNHK杯で初優勝、続くロシア杯は2位となり、3年連続進出のグランプリファイナルでは2位となった。第73回全日本選手権ではショートプログラムで1位となるも足のケガによりフリースケーティングを棄権。2004年の世界選手権で優勝し、日本人として3人目の世界女王となり連覇が期待された2005年世界選手権では9位と惨敗する。

2005-2006年シーズン、中国杯、エリック・ボンパール杯ともに3位で、獲得スコアは第3位であったにも関わらず、組み合わせの妙でグランプリファイナルへの進出を逃した。さらに持ち技のひとつであったイナバウアーが新採点方式の導入により得点対象から外れたことで絶望的になった荒川は「(自分以外の)日本選手3人がグランプリファイナルで表彰台に上がったら(トリノオリンピック出場の3人が内定してしまうので)、その時点で引退する」と発言してファンを心配させたといわれる。12月末の第74回全日本選手権で3位。長野オリンピック以来8年ぶりとなるトリノオリンピック代表選手に決定。

荒川は、2004年よりロシア人コーチのタチアナ・タラソワに師事していたが、トリノオリンピックに向け演技の方向性がかみ合わなかった事と、タラソワが活動拠点を母国ロシアに移動・特化したため、タラソワとの師弟関係を2005年12月に解消する。日本国内ではこれまで通り佐藤久美子に、海外ではかつてタラソワのもとで振り付けを担当していたニコライ・モロゾフにそれぞれ師事することにした。加えて、2005-2006シーズンのフリー曲だった「幻想即興曲」をショート曲用に作り変え、フリー曲を2004年世界選手権で優勝したときに使用した「トゥーランドット」に変更し、一度はプログラムから外したイナバウアーを組み入れるという大胆な作戦に打って出る。

トリノオリンピックでは、ショートで荒川、サーシャ・コーエン、イリーナ・スルツカヤの上位3人が1点差以内に並ぶ大接戦となるも、フリーでは自己最高得点をマークし優勝。会場の観衆はスタンディングオベーションで荒川の演技に賞賛を送り、アジア選手として五輪フィギュア史上初の金メダル(併せて同大会日本人選手最初で唯一のメダル)を獲得し、地元イタリアのマスコミにより東洋の女神と称された。旧採点方式での最後の世界選手権女王であるとともに、新採点方式での最初のオリンピック女王となった。また、CNNやニューヨーク・タイムズなど海外有名メディアでも荒川静香金メダル獲得を一面トップで飾った。なお、06年2月現在で24歳の荒川は、五輪女子フィギュア史上最年長の金メダル獲得選手でもある。

2006年5月7日、記者会見を行いアマチュア競技選手としての引退とプロへの転向を表明。会見の席で『今後は自身の演技力の向上やスケート界を広くサポートしていきたい』と語った。プロ転向後はアイスショーなどに出演しながら、フィギュアスケートの解説、テレビ出演など、多忙な日々を送っている。

現在(2006-)
2006年5月8日、プロスケーターとして初めてのアイスショー「フレンズ・オン・アイス」を企画・プロデュース。この企画に賛同した現役選手はもとより引退した選手までもが集まり、大成功を収めた。2006年6月からは、ショーの本場アメリカの「チャンピオンズ・オン・アイス 2006」に、11月にはプロフィギュアスケートの祭典「アイス・ウォーズ」に参加するなど、トリノオリンピックから1年間で国内外計100公演以上のアイスショーに出演し多忙を極めた。

2007年4月3日、小学校から高校を卒業するまで練習拠点としていた地元仙台の「アイスリンク仙台」でスケート教室を開いた。このリンクは経営難から2004年12月に一度閉鎖されたが、荒川のトリノオリンピック金メダル獲得をきっかけにしてリンク再開の機運が高まり、宮城県や仙台市の支援もあって2007年3月末に再開されたリンクで、「子どもたちのために何かしたい」という荒川の申し出から開かれた。7月28日には、長野県南牧村で開かれた日本スケート連盟主催のアイスショー「野辺山サマーフェスティバル・オン・アイス」にサプライズゲストとして出演。

現在は「プリンスアイスワールド」と「チャンピオンズ・オン・アイス 2007」に参加しながら多方面で活躍している。

荒川静香を応援してね!→  entameranking

荒川静香 スケート技術
オールラウンダー
荒川の最大の特徴は、新採点方式で技術点の採点対象となるジャンプ・ステップ・スピン・スパイラルの4つすべてにおいて非常に高い技術を持ち、弱点がないことに尽きる。トリノオリンピックのショートプログラムとフリースケーティングにおいて、合計7つのスピンと合計2つのスパイラルは全て最大評価であるレベル4を獲得し、合計2つのステップはともに女子選手として最高評価のレベル3を獲得した。このような最高評価を受けた選手は、出場選手中荒川ただ一人であり、新採点方式導入後のISU公式試合で初めてのことである。

ジャンプ
もともと中学生時代から伊藤みどり以来の日本女子連続3回転ジャンパーとして騒がれるほど、様々な種類の連続3回転を跳ぶことができる数少ない選手。プログラムに入れることはなかったが、トリノ五輪の公式練習では3回転サルコウ-3回転トウループ-3回転ループ、3回転トウループ-3回転トウループ-3回転ループの3連続3回転を披露している。なお、2004年世界選手権で出した旧採点方式の技術点6.0満点は、女子シングルの歴史上伊藤みどり、イリーナ・スルツカヤ、荒川静香の3人しか出したことのない最高評価である。 プロ転向後のアイスショーでも、3回転トウループ-3回転トウループといった連続3回転や、転倒を避けたいショーでは高難度ゆえに、行われる事が少ない3回転ルッツなどを披露している。

イナバウアー
いまや代名詞となった大きく背中を反らせた「レイバック・イナバウアー」。イナバウアーをする選手は存在するが、大きく体を反らせた「レイバック・イナバウアー」は、荒川の特長と言ってもよい。演技の優雅さ、滑らかさ、女性らしさは世界でも随一。しかし、早い曲や小気味のいい曲は苦手だという。荒川の活躍からイナバウアーのものまねが流行し、イナバウアーは2006年の新語・流行語大賞を受賞した。

荒川静香 エピソード
・父・晃市は秋田県男鹿市出身であり、“日本人唯一の金メダルを獲得し、市民を大いに感動させ、勇気づけた”として男鹿市は荒川に対し「特別表彰」を行っている。
・フィギュアスケートでは費用が莫大に掛かるが、荒川静香の両親は一般的なサラリーマン家庭であった為、母親が衣装を手作りするなど、両親の支えがあった。このエピソードはテレビ朝日系列のグレートマザー物語「荒川静香の母?願いを込めた1000個のビーズ?」(2004年6月13日放送)[2]と「荒川静香の母?二人三脚で掴んだ金メダル?」(2006年2月26日放送)[3]が詳しい。
・尊敬するスケーターはクリスティー・ヤマグチと佐藤有香。なお、佐藤有香は1998-1999年シーズンの振り付けも担当している。
・愛犬家であり、2匹のカニヘンダックスフントを飼っている。それぞれ「ティラミス」「アロマ」という名で、「ティラミス」の名の由来は、2005-2006年シーズンのエキシビション曲だったケルティック・ウーマンの「You Raise Me Up(私を元気付けて)」のイタリア語訳「Tirami su」から。このイタリア語をもとに、荒川のエッセイ集のタイトル「Tira mi su」が付けられた(イタリア語ではTiraとmiの間にスペースはない)。「アロマ」の名の由来は「静香」の「香」から。
・1992年に8歳から12歳までの有望な選手を全国から集め世界と戦える選手を育てることを目的にスタートした「全国有望新人発掘合宿(野辺山合宿)」1期生である。
・学生時代は日焼けに憧れて試みたが、水着の痕が白く残ってしまい、大学時代の試合でコーチに「下着着けて出てくるな。」と怒られた経験がある。トリノオリンピックでのエキシビションでも前年夏のハワイ旅行での日焼けと思われる痕が見られた。
・2006年2月10日、トリノオリンピック開会式のフィナーレに世界三大テノールの一人であるイタリア人のルチアーノ・パヴァロッティが登場し、「トゥーランドット」のアリア「誰も寝てはならぬ」を歌った。オリンピック直前にフリーの曲を「トゥーランドット」に急遽変更した荒川は、この偶然に「運命を感じた」と答えた。そして迎えた23日のフリー、「トゥーランドット」の調べに乗って荒川は演技を行い、日本時間の明け方午前6時55分、金メダルが確定した。NHKが生中継したこの女子フリーの視聴率(関東地区)は、最終グループが登場した日本時間午前6時から7時が31.8%、表彰式からインタビューまで同午前7時から午前8時15分が30.2%、瞬間最高視聴率(関東地区)は表彰式で君が代が演奏されている場面、同午前7時11分の43.1%だった。
・トリノオリンピックの演技中に身に着けていたことで話題になり、品薄状態になった3連ピアスと指輪。3連ピアスはラザールダイアモンド社の「スリーストーンダイアモンドピアス(UE0020B)」で、荒川の母がトリノオリンピック直前にプレゼントしたものである。指輪はティファニー社の「ストリーメリカ」。
・2006年2月26日、イタリアのピエモンテ州から金と2.5カラットのダイヤモンドを散りばめたティアラが贈られた。このティアラはフィギュアスケート女子シングル金メダリストに贈呈するため用意されたもので、2007年1月、世界中のティアラを集めた『プリンセスの輝き ティアラ展』に特別に展示し、一般公開された。
・トリノオリンピックで金メダルを獲得したときでさえ泣かなかった荒川だが、2007年3月24日、2005-2006シーズン不調で苦しんだ後輩の安藤美姫が、2007年世界選手権女子シングルフリープログラムの最終滑走で最後のジャンプを成功させた際、フジテレビの解説席にいた荒川は感極まり泣いてしまったという。

荒川静香 メディア出演等

テレビ
2004年10月28日放送のクイズ$ミリオネアのエキシビションマッチに出演。13問目(500万円)までクリアし、14問目(750万円)まで進む。「医療機器『MRI』を日本初製造販売した東芝が最初に断面像を撮影したものはどれ?」「A レンコン B 金太郎アメ C 竹輪 D 鮭」という問題でドロップアウトし500万円を獲得した。(2006年2月9日再放送)。なお正解はレンコン。

2004年12月31日にNHKホールで行われた第55回NHK紅白歌合戦の審査員を務めた。振袖姿で出演し、感想を求められると「暗いニュースが吹き飛びそうなくらい元気な曲ばかりで100点満点です」と答えた。また、2006年12月31日の第57回NHK紅白歌合戦では、NHKトリノオリンピック・パラリンピック中継テーマ曲だった平原綾香の「誓い」の際にゲスト出演している。

2006年6月1日放映の、テレビ朝日ドラマ「七人の女弁護士」にゲスト出演。島崎弥生検事役で、釈由美子らレギュラーの7人の女性弁護士との女子大生殺害事件に火花を散らす物語に挑んでおり、スケートシーン(但しフィギュアスケートではない)も放映された。収録の際、当初は「スケートをうまく滑れない役」を要求された様だが本人曰く「5歳から滑っているので、滑れない感覚が判らない」との事で、うまく滑れないようなシーンはドラマには出てこない。代わりにバランスを崩した拍子にレイバックイナバウアーが出来たかのようなシーンがセルフパロディの様に用いられた。また、スケートシーンの収録後に、ドラマのスタッフやキャストとテレビ朝日系列の報道陣に、珍しい「普段着でのイナバウアー」を披露した。

2006年10月31日より、フジテレビのスポーツ情報番組『すぽると!』において『すぽると! on ICE』コーナーのキャスターを勤める(火曜日限定)。

2007年3月18日放送のフジテレビ系アニメサザエさん1900回記念特集(の5845話と5846話)にゲスト出演。スケート場でスケートをする本人役で声も本人が担当した。これは39年間続いた番組史上初の実在人物の出演でもあった。

2007年3月21日放送の、フジテレビの「ザ・ベストハウス123」ではビデオ出演で荒川自身が感銘を覚えたフィギュアスケートの名場面を3つ紹介した。1位は、アレクセイ・ヤグディンの2002年ソルトレークシティオリンピックフリープログラム「仮面の男」。2位は申雪・趙宏博ペアの2003年世界選手権フリープログラム「トゥーランドット」。3位は伊藤みどりの1992年アルベールビルオリンピックフリープログラム「ピアノ協奏曲第2番」。

CM
・ロッテ「ガーナチョコレート」
・ロッテ「雪見だいふく」
・弐萬圓堂「イナバウアーフレーム」
・資生堂 「TSUBAKI」
・日本コカ・コーラ「爽健美茶」
・日清食品「日清焼そば イタリアンU.F.O.」
・トーヨーライス「金芽米」

その他
2006年3月25日、西武ドームで行われた西武ライオンズ対オリックスバファローズの開幕戦で始球式を務めた。所属するプリンスホテルと同グループの西武ライオンズのユニフォーム背番号「1」で登場し、打席に立った清原和博を相手に投球。大役を終えた後「五輪よりもはるかに緊張した」と話した。

2006年3月27日、仙台市内で凱旋パレードと記念式典が行われた。平日にもかかわらずパレードには市民7万人以上が集まりその功績を称え、式典では元プロ野球選手の佐々木主浩、ノーベル化学賞受賞の田中耕一につぐ3人目の宮城県民栄誉賞を受賞。仙台市からは賛辞の盾や特別賞が贈られた。

弐萬圓堂のイメージキャラクターとして選出され、CMにも出演。自らデザイン・監修した「イナバウアーフレーム」が発売されている。


荒川静香 受賞
栄典
・紫綬褒章

日本オリンピック委員会
・2002年度JOCスポーツ賞 特別功労賞
・2005年度JOCスポーツ賞 最優秀賞
・2006年度JOCオリンピック特別賞

その他
・宮城県民栄誉賞
・2006年度日本スポーツ賞 大賞
・2006 バカラ アスリーツ オブ ザ イヤー アワード

荒川静香 出版物

書籍
・Tira mi su ?だから私はがんばれる!?(角川書店、2006年) ISBN 9784048839631
・金メダルへの道(日本放送出版協会、2006年) ISBN 9784140811269
・荒川静香 2007年 カレンダー(トライエックス、2006年) ISBN 9784777432615
・LEGEND OF THE ATHLETE 荒川静香物語(集英社、2007年) ISBN 9784088743691
・荒川静香-2006-メモリアル切手(エバーユアーズ、2006年)

DVD
・荒川静香 Moment?Beautiful skating?(ポニーキャニオン)
・トリノ2006オリンピック冬季競技大会 フィギュアスケート(ジェネオンエンタテインメント)

荒川静香 脚注
 1.^ 2002/2003 ISUグランプリファイナルはフリー演技を2度行った。
 2.^ 第144話 荒川静香の母?願いを込めた1000個のビーズ?
 3.^ 第220話 荒川静香の母?二人三脚で掴んだ金メダル?

荒川静香 関連項目
・トリノオリンピック
・イナバウアー
・日本の冬季オリンピック金メダル
・オリンピックフィギュアスケート競技メダリスト一覧
・国際大会における日本人フィギュアスケート選手の成績一覧
・トーヨーライス
・弐萬圓堂

荒川静香を応援してね!→  entameranking



   セクシーなグラビアアイドル画像がいっぱい ⇒  FC2ブログランキング

   気になるアイドル画像がいっぱい ⇒  人気アイドルランキング

   気になる芸能界の裏ネタや芸能界の噂がいっぱい ⇒  芸能界のう・わ・さ!!



  古いパソコンがサクサク動くようになるウイルス対策ソフト

  アクセスアップ.NET(無料でアクセスアップ)

アイドルチャンネル

人気ブログ ranking
アイドルセクシー画像ギャラリーランキング

FC2ブログランキング
電子書籍・電子コミックをダウンロードして読む。読書の新しいスタイル!

グラビアアイドル ranking
「芸能界の噂ランキング」芸能界の裏ネタ、裏画像など極秘情報満載!!

エンタメ ranking
大画面で楽しむオンデマンドムービー DMM.TV

セクシーアイドル ranking


人気アイドルランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン CoRichブログランキング FC2ブログランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gravureidol120.blog120.fc2.com/tb.php/513-f828b3b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。