FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



   セクシーなグラビアアイドル画像がいっぱい ⇒  FC2ブログランキング

   気になるアイドル画像がいっぱい ⇒  人気アイドルランキング

   気になる芸能界の裏ネタや芸能界の噂がいっぱい ⇒  芸能界のう・わ・さ!!



  古いパソコンがサクサク動くようになるウイルス対策ソフト

  アクセスアップ.NET(無料でアクセスアップ)

アイドルチャンネル

人気ブログ ranking
アイドルセクシー画像ギャラリーランキング

FC2ブログランキング
電子書籍・電子コミックをダウンロードして読む。読書の新しいスタイル!

グラビアアイドル ranking
「芸能界の噂ランキング」芸能界の裏ネタ、裏画像など極秘情報満載!!

エンタメ ranking
大画面で楽しむオンデマンドムービー DMM.TV

セクシーアイドル ranking


人気アイドルランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン CoRichブログランキング FC2ブログランキング

浜崎あゆみのセクシー画像を探そう! 

浜崎あゆみさんの画像 浜崎あゆみ(はまさき あゆみ)アイドル画像を探そう!

 浜崎あゆみのセクシー画像を探そう!エロ おっぱい 水着
 グラビアアイドルの画像 アイドルの画像 モデルの画像
 浜崎あゆみを応援してね!→  entameranking



浜崎あゆみ セクシー画像 ranking アイドルのセクシーな画像を探そう エロい水着
浜崎あゆみ セクシー画像 No.001 アイドルのセクシーな画像 水着
浜崎あゆみ セクシー画像 No.002 アイドルのセクシーな画像 おっぱい
浜崎あゆみ セクシー画像 ranking アイドルのセクシーな画像を探そう
浜崎あゆみ セクシー画像 No.003 グラビアアイドルのセクシーな画像 おっぱい
浜崎あゆみ セクシー画像 No.004 アイドルのセクシーな画像 おっぱい
浜崎あゆみ セクシー画像 ranking アイドルのセクシーな画像を探そう おっぱい
浜崎あゆみ セクシー画像 rakuten アイドル画像を探そう エロい水着
浜崎あゆみ セクシー画像 No.005 グラビアアイドルのセクシーな画像 胸谷間画像
浜崎あゆみ セクシー画像 No.006 アイドルのセクシーな画像 おっぱい
浜崎あゆみ セクシー画像 Ranking アイドル画像を探そう エロい 水着 おっぱい
浜崎あゆみ セクシー画像 Rakuten グラビアアイドルのおっぱい画像を探そう
浜崎あゆみ セクシー画像 YouTube アイドルのグラビアアイドル画像を探そう
浜崎あゆみ セクシー画像 OFFICIAL WEBSITE アイドルのセクシーな画像を探そう

浜崎 あゆみのセクシー画像をもっと見る グラビアアイドル 人気ランキング

浜崎あゆみ(はまさき あゆみ、本名:濱崎 歩(読みは同じ)、1978年(昭和53年)10月2日 - )は日本の女性歌手である。福岡県福岡市出身。福岡市立原中学校卒業。堀越高等学校中退。 愛称は「あゆ」や「ayu」など。英語表記は「Ayumi Hamasaki」。芸能事務所・所属レコード会社はエイベックス・エンタテインメント。血液型はA型。日本を代表する女性ポップス歌手のひとりである。

生年月日: 1978年(昭和53年)10月2日
出身地: 福岡県福岡市
血液型: A型

浜崎あゆみを応援してね!→  entameranking

浜崎あゆみ 来歴
?1997年 モデルから女優へ
10代前半から地元福岡のモデル事務所に所属、当時は「浜崎くるみ」の芸名で福岡中央銀行のポスタ?やその他地元商業広告に登場。その後、東京の大手芸能プロダクションサンミュージックにスカウトされた(現在も都営地下鉄浅草線浅草駅の押上・成田空港・印旛日本医大・芝山千代田方面ホームに掲示されているタレント養成所の広告には、加藤晴彦とともに昔の写真が使われている)。 1993年、テレビドラマ『ツインズ教師』で女優としてデビュー。 1994年、芸名を「浜あゆみ『崎』の異体字『』」に改名し、1996年末にサンミュージックとの契約が切れるまで、テレビドラマや映画等に出演していた。 1997年、本格的に歌手を目指すことになり、ボイストレーニングのためニューヨークへ渡った。

1998年?2000年 歌手デビュー 女子高生のカリスマへ
1998年4月8日発売の1stシングル『poker face』で「浜崎あゆみ」としてデビュー、オリコン最高位20位を記録。 8月5日発売の3rdシングル『Trust』ではオリコンチャート初TOP10入りを果たす。 1999年1月1日発売の1stアルバム『A Song for ××』でオリコンチャート1位を初獲得。約150万枚を売り上げた。 4月14日発売の7thシングル『LOVE ?Destiny? / LOVE ?since1999?』でシングル初のオリコンチャート1位を獲得。 8月11日発売の10thシングル『A』が初のミリオンセラーとなり、前作の『Boys & Girls』も遅れてミリオンセラーとなった。 12月31日、NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。 2000年4月より初めてのコンサートツアー(第一幕、第二幕と題し全国を2巡)に挑むも、左耳の疾患(内耳性突発難聴)により一部公演を延期。 11月、全日本有線放送大賞でグランプリを受賞。以降、2001年と2002年のALL JAPANリクエストアワード、2003年のベストヒット歌謡祭でもグランプリを受賞し、4連覇を達成している。 12月13日発売の19thシングル『M』では初の作曲を手掛け(『CREA』名義)、ミリオンセラーを記録する。 12月31日、初のカウントダウンライブを開催。以来毎年の恒例となっている。

2001年?2003年 A BEST発売 レコード大賞三連覇
2001年3月28日、ベストアルバム『A BEST』を発売。宇多田ヒカルの2ndアルバム『Distance』との同日発売が注目を集めた。結果的には初動・累計ともに宇多田に敗れたが、どちらも400万枚以上も売り上げた。 夏には女性ソロ歌手としては安室奈美恵以来2人目となる東京・大阪・名古屋・福岡の4大ドームツアーを行った(札幌は完成直後の為除外)。この年の末に24thシングル『Dearest』で日本レコード大賞受賞。以降、2002年、2003年で史上初の3連覇を果たす。また9月にはTOKIOの長瀬智也との交際が明らかになった(1993年に浜崎が出演していたツインズ教師で共演したのを機に知り合った)。 2002年4月24日発売の26thシングル『Free & Easy』は雑誌「Free & Easy」とコラボレーション企画であり、同時に同雑誌の別刊「浜崎共和国」を発売する。 7月24日発売の27thシングル『H』が、日本のシングルCD売り上げが全体的に低迷した2002年唯一、オリコン・日本レコード協会のでのシングルミリオンセラーを記録した。 9月26日発売の28thシングル『Voyage』に合わせて短編映画「月に沈む」(監督:行定勲)が公開(後にDVDとして発売)。歌手デビュー以降初めて女優業を行う。 10月12日、初のレギュラー、総合司会を務める番組「ayu ready?」がスタートした。 2003年3月12日発売のバラードベスト『A BALLADS』ではファン投票により選曲され、多くの曲が別バージョンで収録された。また、5thアルバム『RAINBOW』の初回盤購入者がインターネット上のみで聴くことができたインスト楽曲に、10万人以上のメッセージを読んだ自身が詞をつけて完成させた「RAINBOW」が収録された。 7月9日発売の29thシングル『&』は、これまで短期間でのシングル発売が目立っていたのに対し、前作から10ヶ月ぶりのシングルであった。この頃からプロモーションビデオにも力を入れるようになった。 10月、シングル30枚発売を記念し、それまでのシングル曲中心のスペシャルライブA museum ?30th single collection live?が行われた。 12月17日、初のミニアルバム『Memorial address』を発売する。Bonus Trackの「Memorial address」以外の収録曲全てに対しPVが作られた。

2004年?2006年 エイベックスお家騒動 歌手業専念期
2004年3月20日、総合司会を務めていた番組「ayu ready?」の放送が終了した。この頃からそれまでのCMキャラクターの多くを降板し、歌手業に専念している。爆発的なヒットはないものの、CDシングルの累計売上枚数は30万枚前後と安定していた。 7月末、エイベックスお家騒動が起こる(→概要、エイベックス参照)。 2005年11月30日発売の38thシングル『Bold & Delicious/Pride』は海外アーティスト(GEO of SWEETBOX)とコラボレーションに挑戦したが、アルバムの先行シングル等の要因もあって累計15万枚程度にまでセールスを落とした。 2006年6月21日に発売された40thシングル『BLUE BIRD』では売上を初動16万枚にまで回復したと同時に、ソロ歌手および女性ボーカルでは史上初のシングル総売上2000万枚を達成する(ちなみに、総売上2000万枚を達成しているのは他にB'z、サザンオールスターズ、Mr.Children、SMAPの4組のみ)。11月29日に発売された8thアルバム『Secret』は当初、2ndミニアルバム(全7曲収録)として公式サイトに告知されていた。しかし、選曲の問題や本人の出演するPanasonicのCM曲である「JEWEL/1LOVE」の反響が大きく、その結果、8th フルアルバム(14曲収録)へ変更した。NHK紅白歌合戦では「JEWEL」を選曲し、初めてアルバム曲を披露することになった。

2007年?現在 A BEST 2発売 アジアツアー 歌手デビュー10周年
2007年2月28日、『A BEST 2 -BLACK-』、『A BEST 2 WHITE-』が発売された。オリコン・チャート1位および2位を初登場で独占。この記録は女性アーティストとしては、1970年の藤圭子の記録以来、36年ぶりの記録であった。 3月10日から初の海外公演を含むライブツアーが行われた。7月18日発売の41stシングル『glitter/fated』のDVDには香港の俳優・余文樂(ショーン・ユー)と共演し、ショートフィルム「距愛 ?Distance Love?」が収録されている。また、発売日直前の7月13日、音楽番組のプロモーションライブ終了直後、長らく交際していたTOKIOの長瀬智也と破局した事を自身のファンクラブのブログで発表した。[1]12月5日には、初のデジタル・ダウンロード規格のみのシングルである43rdシングル『Together When...』を発表。 2008年1月1日には9thアルバムとなる『GUILTY』を発売。この年でデビュー10周年となり、春からはライブツアーASIA TOUR 2008 ?10th Anniversary?(仮)が行われる予定である。 1月4日、自身のファンクラブのブログにおいて、以前から抱えていた左耳の疾患(内耳性突発難聴)が悪化し「治療の術はない」と、左耳の聴覚が失われもう治らなくなったことを告白。なお右の聴覚は正常であり、今後も春からのアジアツアーなどの活動は予定通り行われる予定である。

浜崎あゆみを応援してね!→  entameranking

浜崎あゆみ 概要
人物
浜崎あゆみは20世紀末に現れた日本を代表する女性ポップス歌手である。 歌手デビュー当時は歌手でありながら、アイドルとも思わせるルックスを持ち合わせ煌びやかな一面を見せていたが、自身の暗い心の闇も歌詞に綴り、男女問わず多くのファンから共感を得た。一時は「日本の歌姫の一人」と称されるほど、トップスターの階段を駆け上っていた。現在はデジタル産業の普及によって音楽業界全体としてCD売り上げ枚数は下降しているが、今も多くのファン数を保っている。 また、名字の「浜崎」の正しい読み方は「はまざき」ではなくて「はまさき」である。圧倒的に九州地方に多い名字である。家族構成は、母一人子一人。 また、犬(小型犬)好きでチワワ、ミニチュアダックスフンドなどを飼っている。仕事場に連れてくるのはもちろん、2005年のツアーではMC中にステージに登場したこともある。歌手デビュー前にボイストレーニングのために渡米しているが、英語は不得意だとコメントしていた。2006年12月にCNNの日本特集『Japan now』期間中に放送された対談番組『Talk Asia』では、短時間ではあったが英語を披露している。2007年のアジアツアーをきっかけに本格的に英語の勉強を始める。


影響
1998年、多くの化粧品会社、製菓メーカー等とタイアップし、テレビ・雑誌等のメディアから「浜崎あゆみ」への注目度が上がった。1999年、初のアルバム『A Song for ××』の表題曲「A Song for ××」をはじめ、自作の歌詞が当時の女子中高生を中心に大きな支持を受ける。2000年頃にはCDの売り上げ枚数がミリオンを達成することが多々あり、また多くのCMや雑誌に出演し、総合司会を務めるテレビ番組を持つほどであった。この頃はマスコミなどで「女子高生のカリスマ」と呼ばれ、彼女のファッションや奇抜な行動は女子中高生を中心に多大なる影響を及ぼし、ファッションリーダーとしてネイルアート・大きなサングラス・ヒョウ柄などの流行を生み出す社会現象となった(後にベストジーニストやネイルクイーンでは殿堂入りも果たしている)。それが自身の全盛期であろう。2001年秋にはアルバムの発売が延期されたとの情報で所属レコード会社エイベックスの株価が下落するなど、エイベックスの看板歌手としての側面も注目されるようになった。また、一時は同社の売り上げの4割を占めたこともあり、同社の経営体質の弱点として「あゆ依存」という言葉も生まれた。現在は売り上げ自体は全盛期に比べると落ち着いているが、騒動がある度にエイベックス株価が変動するのは変わっていない。

内耳性突発難聴
2000年、初のコンサートツアーの第二幕直前に多忙なスケジュールの積み重ね等の理由によって、左耳の疾患(内耳性突発難聴)を患い、一部公演を延期した。医者からはすぐ治療にとりかかるべきだと告げられていたが、ツアーを強行した。後に左耳の聴覚が弱くなる後遺症を負ったことを公表した。その後も定期健診は受けるが、治療のための休養をとらず、2007年末頃には左耳の聴覚が完全に失われた。

諸騒動

虚偽による暴言騒動
2002年、インターネットを発端として「浜崎あゆみが身障者の少女を罵倒した」という噂が流れ、それも動画付きというかなり信憑性に富むものであった。新聞報道にまで拡大し、瞬く間に公式ページやファンページが炎上した。これについてavexからは当時の会長兼社長・依田巽が声明文を発表したものの、誠意が感じられないことや、本人の謝罪文でなかったことなどから大炎上に繋がる。しかし、後にこれが完全なる虚偽であり、実際には2001年のカウントダウンライブの映像をとある大学生が「障害者を罵倒した」と取れるように加工し、そのように見せかけただけであることが判明し、後日学生は逮捕されている。雑誌「Free & Easy」とのコラボレーション雑誌「浜崎共和国」において「自分がデマを撒かれたことよりも、そのデマにファンが迷ったり辛い思いをしたのなら、そのほうがよっぽど辛い」とのコメントを発表している。なお、この事件の影響でこの年のアリーナツアーではスポンサーがつかない事態となり(浜崎のライブでスポンサーがつかなかったのはこの時のみである)、2003年1月に発売された問題のカウントダウンライブのDVDはアンコールがほぼ丸ごと(ラストの「Endless Sorrow "gone with the wind ver."」以外)カットされてしまった。

エイベックスお家騒動
2004年7月30日、歌手デビューの際に世話になり自身のプロデューサーである当時エイベックス専務の松浦勝人が、会長であった依田氏と経営方針が決裂し、別会社を設立することを表明した[1]。その直後、浜崎あゆみ自身もマスコミに対し「彼の存続と共に浜崎あゆみの行方も決めさせて頂きたいと思っております。」と松浦氏に追従し移籍する考えを明らかにした。当時、エイベックスの事実上の代表アーティストであった浜崎あゆみの表明が決定的な大打撃となり、株は大暴落、株主からの抗議が殺到し、また、エイベックス社内は大混乱に陥った。8月3日、浜崎あゆみの表明を大きくうけ、経営陣は方向転換を余儀なくされ、松浦氏は執行役員として復帰(後に社長就任)し、移籍の懸念等は解消された[2]。このお家騒動を理由にこの年の日本レコード大賞など一連の賞レースを辞退し、以降賞レースからは距離を置く様になる。

浜崎あゆみ 楽曲、作品の特徴
タイトル
曲・アルバム・シングルのタイトルはすべて英数字またはロゴによる表記。
以下はロゴ表記
A … 10thシングル「A」、5thアルバム「RAINBOW」、ベストアルバム「A BEST」、「A BALLADS」、「A BEST 2 -WHITE-」、「A BEST 2 -BLACK-」
M … 19thシングル「M」
H … 27thシングル「H」
& … 29thシングル「&」
曲のタイトルはほとんど英語を使っている。ただし、「Hana」、「kanariya」、「HANABI」、「HANABI ?episode II?」は日本語である。また「Voyage」は本来、フランス語なら『ヴォワイヤージュ』、英語読みなら『ヴォエッジ』であるが、ローマ字読みとフランス読みを合わせ『ヴォヤージュ』と読ませている。
オリジナルアルバムのほとんどは収録曲からである。ただし、「LOVEppears」、「MY STORY」は同タイトルの収録曲はなく、「LOVEppears」は「appears」からの造語である。

作詞
浜崎あゆみのオリジナル曲は全て自身で作詞している。ほとんどの歌詞は日本語。デビュー当時は不得手の英語は使わないと宣言していたが、2002年のアルバム「RAINBOW」以降は英語詞を含めたものも発表している。 女性歌手でありながら、歌詞の中に『私(わたし、あたし)』以外に『僕(ぼく)』を多く使い、また、複数を指す『?達』、『?ら』が多いことも特徴である。

作曲・編曲
・ポップ調、ロック調、バラードが浜崎あゆみの主な曲の特徴である。
・作曲は多くの作曲家により曲が作られ、浜崎あゆみ本人もCREAとして19thシングル「M」において初めて作曲を手がけた。発売当時はその事は伏せられていた。
・オリジナルアルバム別作曲家における作曲数(インスト含、リミックス・カバー曲は除く、()内は作曲数、共作は別々にカウント)
 「A Song for ××」1999年1月1日発売
  星野靖彦(8)、桑原秀明(3)、菊池一仁(2)、五十嵐充(1)、木村貴志(1)、富樫明生(1)
 「LOVEppears」1999年11月10日発売
  D・A・I(7)、菊池一仁(4)、星野靖彦(2)、桑原秀明(1)、H∧L(1)、鈴木直人(1)、つんく(1)
 「Duty」2000年9月27日発売
  D・A・I(4)、菊池一仁(3)、星野靖彦(2)、原田憲(2)、多胡邦夫(2)
  ・「Far away」はD・A・I+菊池一仁
 「I am...」2002年1月1日発売
  CREA(12)、D・A・I(4)、CMJK(1)、tasuku(1)、Ferry Corsten(1)、小室哲哉(1)、松田純一(1)
  ・「Dearest」、「no more words」、「flower garden」はCREA+D・A・I
  ・「Daybreak」はCREA+D・A・I+松田純一
 「RAINBOW」2002年12月18日発売(independentと+は別カウント)
  CREA(10)、D・A・I(9)、CMJK(2)、H∧L(1)、tasuku(1)
  ・「RAINBOW」、「Free & Easy」、「HANABI」、「july 1st」、「Voyage」、「independent」「+」はCREA+D・A・I
 「Memorial address」2003年12月17日発売
  BOUNCEBACK(4)、D・A・I(2)、CREA(2)、湯汲哲也(2)
  ・「HANABI ?episode II?」、「forgiveness」はCREA+D・A・I
 「MY STORY」2004年12月15日発売
  湯汲哲也(6)、CREA(3)、BOUNCEBACK(2)、菊池一仁(2)、H∧L(1)、CMJK(1)、池本雷太(1)、木下智哉(1)
 「(miss)understood」2006年1月1日発売
  GEO of SWEETBOX(6)、tasuku(2)、原一博(2)、菊池一仁(1)、D・A・I(1)、CREA(1)、CMJK(1)、湯汲哲也(1)、渡辺未来(1)、萩原慎太郎(1)、佐々木聡作(1)
  ・「alterna」は萩原慎太郎+佐々木聡作
  ・「Will」はCREA+D・A・I
 「Secret」2006年11月29日発売
  湯汲哲也(4)、CMJK(2)、原一博(2)、菊池一仁(1)、D・A・I(1)、H∧L(1)、tasuku(1)、野井洋児(1)、伊橋成哉(1)
 「GUILTY」2008年1月1日発売
  中野雄太(4)、湯汲哲也(3)、多胡邦夫(2)、原一博(2)、H∧L(1)、CMJK(1)、萩原慎太郎(1)、松浦晃久(1)
  ・「fated」は萩原慎太郎+松浦晃久
 ※オリジナルアルバムに収録されていない「Two of us」は宮地大輔+今井了介、「ever free」はD・A・I、「theme of a-nation'03」はCREA+D・A・I 、「part of me」の作曲は湯汲哲也である。
・編曲はHΛLが手掛けることが多い。それ以外は2001年ごろまでは鈴木直人、2002年?2004年ごろはtasuku、2005年以降はCMJKが多い。

主な記録
売上記録
・CDシングル
 ・首位獲得数:27作 (歴代2位、女性ソロ歴代1位)
 ・TOP10入り:38作 (女性ソロ歴代1位)
 ・総売上枚数:約2001万枚
  ・(2000万枚突破は史上5組目、ソロ歌手および女性ボーカル歴代1位)
 ・首位獲得連続年数:9年 (女性アーティスト歴代1位タイ)
・CDアルバム (ミニアルバム含む)
 ・首位獲得数:11作 (女性アーティスト歴代4位)
 ・8年連続首位獲得 (歴代2位タイ)
 ・ミリオンセラー:9作 (女性アーティスト歴代2位)
(以上オリコンチャートによる)

受賞記録
主なものを抜粋。
音楽賞
・日本レコード大賞
 ・大賞 (2001年「Dearest」,2002年「Voyage」,2003年「No way to say」)
・日本ゴールドディスク大賞
 ・アーティスト・オブ・ザイヤー (2001年,2002年,2004年)
・日本有線大賞
 ・大賞 (2001年,2002年)
・全日本有線放送大賞→ALL JAPANリクエストアワード→ベストヒット歌謡祭
 ・グランプリ (2000年,2001年,2002年,2003年)
 ・※但し、2002年以降はポップス部門

その他
・NHK紅白歌合戦連続出場:9回 (1999年?、後述)
・ベストドレッサー賞 (2000年)
・ベストジーニスト
 ・一般選出部門 (2000年、2001年、2003年?2005年)
 ・木村拓哉、草剛に続いて3人目、女性では初の殿堂入り。
・ネイルクィーン (2001年?2003年)
 ・殿堂入り。
他多数。

NHK紅白歌合戦出場歴
NHK紅白歌合戦には2007年まで9回連続出場中であるが、いずれも第2部前半での出演となっている(1999年?2001年と2003年は第2部トップバッター)。これはレコード大賞参加(2003年まで。レコード大賞は2006年より日程を紅白前日の12月30日に変更)と自身のカウントダウンライブ開催の影響により出演する時間が限られているためである。また、カウントダウンライブ会場(代々木第一体育館)と紅白歌合戦会場(NHKホール)は代々木公園を挟んで隣同士にあるため、2007年時点ではこれを理由とした出場辞退はしていない。

 年度/放送回  回  曲目 出演順  対戦相手
1999年(平成11年)/第50回 初 Boys & Girls 14/27 野猿
2000年(平成12年)/第51回 2 SEASONS 15/28 L'Arc〜en〜Ciel
2001年(平成13年)/第52回 3 Dearest 14/27 ゴスペラーズ
2002年(平成14年)/第53回 4 Voyage 15/27 ポルノグラフィティ
2003年(平成15年)/第54回 5 No way to say 16/30 森山直太朗
2004年(平成16年)/第55回 6 Moments 18/28 ゴスペラーズ
2005年(平成17年)/第56回 7 fairyland 17/29 氷川きよし
2006年(平成18年)/第57回 8 JEWEL 16/27 スキマスイッチ
2007年(平成19年)/第58回 9 Together When... 18/27 槇原敬之

・出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

浜崎あゆみを応援してね!→  entameranking

浜崎あゆみ 作品
浜崎あゆみのディスコグラフィを参照

ライブ(イベント含む)
※「A」はすべてロゴ表記。

期間 ライブ(イベント)タイトル 備考
1998年3月15日、26日 Velfarre Openinng
1999年5月8日 ayumi hamasaki SECRET LIVE at AKASAKA BLITZ
2000年4月28日?6月3日 ayumi hamasaki CONCERT TOUR 2000 A 第一幕 初の単独ライブツアー
2000年6月21日?8月9日 ayumi hamasaki CONCERT TOUR 2000 A 第二幕 6月21日 22日公演は延期
2000年12月9日 UC SPECIAL LIVE ayumi hamasaki limited stage 2000 winter
2000年12月30日 31日(1月1日) ayumi hamasaki COUNT DOWN LIVE 2000-2001 A 初のカウントダウンライブ
2001年6月22日?7月7日 ayumi hamasaki DOME TOUR 2001 A 初のドームツアー
2001年12月30日 31日(1月1日) ayumi hamasaki COUNT DOWN LIVE 2001-2002 A
2002年4月27日?6月15日 ayumi hamasaki ARENA TOUR 2002 A
2002年6月29日 30日 ayumi hamasaki OPEN AIR LIVE 2002 A
2002年7月6日?28日 ayumi hamasaki STADIUM TOUR 2002 A 初のスタジアムツアー
2002年8月3日?9月1日 a-nation'02 avex summer festa
2002年12月30日 31日(1月1日) ayumi hamasaki COUNT DOWN LIVE 2002-2003 A
2003年3月18日?5月27日 ayumi hamasaki LIMITED TA LIVE TOUR ファンクラブ会員限定ライブツアー
2003年7月19日?8月31日 a-nation'02 avex summer festa
2003年10月9日?31日 A museum live ?30th single collection live?
2003年12月30日?2004年4月25日 ayumi hamasaki ARENA TOUR 2003-2004 A 03-04年のCDLはツアーに組み込まれた
2004年7月31日?8月29日 a-nation'04 BEST HIT SUMMER LIVE!!
2004年12月30日 31日(1月1日) ayumi hamasaki COUNT DOWN LIVE 2004-2005 A
2005年2月1日?4月24日 ayumi hamasaki ARENA TOUR 2005 A ?MY STORY?
2005年7月30日?8月28日 a-nation'05 BEST HIT LIVE 8月6日公演は出演中止
2005年12月30日 31日(1月1日) ayumi hamasaki COUNT DOWN LIVE 2005-2006 A
2006年3月11日?6月11日 ayumi hamasaki ARENA TOUR 2006 A ?(miss)understood?
2006年7月29日?8月27日 a-nation'06 BEST HIT LIVE 7月29日、8月5日公演は出演なし
2006年12月30日 31日(1月1日) ayumi hamasaki BEST of COUNT DOWN LIVE 2006-2007 A
2007年3月10日?6月10日 ayumi hamasaki ASIA TOUR 2007 A ?Tour of Secret? 初の海外公演を含むツアー
2007年7月28日?8月26日 a-nation'07 BEST HIT LIVE 7月28日、8月4日公演は出演なし
2007年12月30日 31日(1月1日) ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2007-2008 Anniversary
2008年4月5日?6月18日 ayumi hamasaki ASIA TOUR 2008 ?10th Anniversary? (仮) 開催予定

・12月31日のカウントダウンライブの前日の12月30日にも、ほぼ同内容のライブが行われている。かつてはこの模様がWOWOWで放送されていた。2005年以前はこのライブのタイトルが「カウントダウン」を外したものとなっていた(例:ayumi hamasaki LIVE 2005-2006 A)。
・2005-2006年以降大晦日に行われるカウントダウンライブはTBSチャンネルで生放送されている。また、以前はスカパー!のパーフェクトチョイスでPPV方式で生放送(コピーネバー)されていた。

現在のバンドメンバー
2008年1月1日時点
担当 名前 備考
音楽監督 小林信吾 元キーボード担当
ギター 野村義男 鳥尾バンドメンバー
ベース エンリケ 鳥尾バンドメンバー。元バービーボーイズメンバー
ドラム 江口信夫 鳥尾バンドメンバー
キーボード 宮崎裕介 2004年より小林氏と代わり入った

浜崎あゆみ 出演番組
テレビ
・ayu ready?(フジテレビ)(2002年?2004年)
・スーパーテレビ情報最前線(日本テレビ)
 ・「噂の歌手の正体見た浜崎あゆみ…光と影」(2000年)
 ・「浜崎あゆみ…光と影 25歳の絶望と決断」(2004年)
浜崎くるみ名義
・テレビ朝日ドラマ「ツインズ教師」(1993年) 
・フジテレビ単発アニメ「バトルスピリッツ 龍虎の拳」ユリ・サカザキ役(声優)(1993年)
 ・後に発売されたDVDでは権利等の問題からか、別の声優のものと差し替えられている。
浜あゆみ名義
・TBSドラマ「未成年」(1995年)
・テレビ朝日土曜ワイド劇場「少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱く時…スキャンダルが名門校を揺らす!」(1996年)
・テレビ朝日ドラマ「闇のパープル・アイ」(1996年)
・テレビ朝日土曜ワイド劇場「同居人カップルの殺人推理旅行4・嘘をつく女 熊本阿蘇?財産を狙って欲望が渦巻く」(1996年)

ラジオ
・浜崎あゆみのオールナイトニッポン(ニッポン放送)

映画
いずれも浜あゆみ名義
・パル企画「すももももも」(1995年) 
・パル企画「麗霆゛子総長最後の日」(1995年)
・東宝「渚のシンドバッド」(1995年)
・松竹「学校II」(1996年)
・徳間ジャパンコミュニケーションズ「湘南爆走族 帰ってきた伝説の5人」(1997年)
ほか

浜崎あゆみ CM
 ※自身の関係するCMのタイプは「本人出演かつ音楽も自身のもの」「本人主演のみ」「音楽のみ提供」にわけられる。
 ※以下は主に本人出演のCM。★が付いているCMのみ音楽だけの提供。【 】は商品名。
 ※CDシングル、CDアルバム、音楽配信、DVDなどの音楽関連のCMも多数ある。

薩摩蒸気屋
・【かすたどん】(1980年代)
 ・CMの性質上、鹿児島ローカルでしか放送されていない。
SNK
・【龍虎の拳II】
 ・「ライバル編」(ユリ・サカザキ役)(1993年)
森永製菓
・【メレンゲショコラ】
 ・♪For My Dear...「メロディー編」(1998年)
・【こんがりショコラ】
 ・♪End roll -HAL’s Mix-「バーニング編」(1999年)
・【プチモンブラン】
 ・「勘違い編」(2000年)
 ・「栗だらけ編」(2001年)
 ・「あゆが回転編」(2002年)
・【ハイチュウ】
 ・「無言編」(2001年)
 ・「笛編」(2001年)
 ・「玉編」(2001年)
 ・「現在制作中編」(2001年)
 ・「変身編」(2001年)
 ・「宇宙船編」(2002年)
 ・「飛行機編」(2002年)
 ・「くじら編」(2002年)
 ・「つるの恩返し編」(2003年)
 ・「空とぶじゅうたん編」(2003年)
 ・「行け!巨人編」(2003年)
 ・「消えちゃう編」(2004年)
 ・「海でくっちゃら編」(2004年)
・【ベイク】
 ・♪About You「あゆ、至福・・・編」(2004年)
 ・♪is this LOVE?「春一番編」(2005年)
・【ダイエットウイダー】
 ・♪オリジナル「おなかすいた編」(2006年)
・【ウイダーinゼリー】
 ・♪オリジナル「扉編」(2007年)
 ・♪オリジナル「ビタミン好きな女編」(2007年)
花王
・【AUBE】
 ・♪Trust(★)(1998年)
 ・♪Boys & Girls「Boys & Girls編」(1999年)
 ・♪And Then「秋の色BE 374編」(1999年)
ホンダ
・【ジョルノクレア(DX)】
 ・♪too late「3つのスケルトン編」(1999年)
 ・♪too late(1999年)
 ・♪too late - Soul Solution Remix(1999年)
JT
・【桃の天然水、りんごの天然水】
 ・♪TO BE「登場編」(1999年)
 ・♪Trauma「メッセージボード編」(1999年)
 ・♪monochrome「キャンペーン編」(1999年)
 ・♪immature「ショーウィンドー編」(1999年)
ライコス
・♪Fly high「探せライコス編」(2000年)
たかの友梨
・♪Duty「Who are You?編」(2000年)
・♪Duty「恋する白肌編」(2000年)
・♪still alone「ラストーンセラピー編」(2001年)
ツーカー
・♪Far away「サイバードル編」(2000年)
・♪Far away「展開編」(2000年)
・♪Far away「No voice編」(2000年)
・♪Far away - HAL‘s Mix 2000「私は手に入れる編」(2000年)
・♪Far away - HAL‘s Mix 2000「キレイな色編」(2000年)
・♪End of the World「あふれる色編」(2000年)
・♪M「A MODEL編(監視カメラ編)」(2000年)
・♪オリジナル「学校編(放送室編)」(2001年)
・♪オリジナル「記者会編」(2001年)
・♪M - funstyle Mix「funstyle編(クラブサウンド編)」(2001年)
・♪Dearest「レコーディングスタジオ編」(2001年)
・♪HANABI「音楽があって、よかった編」(2002年)
コーセー
・【VISSE】
 ・♪vogue(2000年)
 ・♪SEASONS - D-Z BULE SUNBEAM MIX「偏光編」(2000年)
 ・♪evolution「みつばち編」(2001年)
 ・♪vogue - KirariNatsuAyu Mix「マーメイド編」(2001年)
 ・♪Naturally(2001年)
 ・♪I am...「悪魔編」(2002年)
 ・♪Naturally - dolly remix(2002年)
 ・♪July 1st(2002年)
 ・♪WE WISH(2003年)
 ・♪Ourselves「モードアップAYU編」(2003年)
 ・♪Moments「Kiss編」(2004年)
キリン
・【サプリ(清涼飲料水)】
 ・♪NEVER EVER「登場編」(2001年)
 ・♪NEVER EVER「新しい一歩編」(2001年)
 ・♪UNITE!「飲むサプリメント編」(2001年)
パナソニック
・【ポーダブルMDプレイヤー「Dockin'style MD」】
 ・MJ50♪Daybreak「Ayuの空間編」(2001年)
 ・MJ55♪everywhere nowhere「新・AYUの空間編」(2002年)
 ・MJ57♪No way to say(2003年)
 ・MJ59♪walking proud「バージンな音へ編」(2004年)
・【SDマルチカメラ「D-snap」】
 ・AV10♪Daybreak(2002年)
 ・AV30♪Real me(2002年)
 ・AS10♪ANGELS SONG(2003年)
 ・AS30♪my name's WOMEN「薄AYU編」(2004年)
・【デジタルカメラ「LUMIX」】
 ・F7♪瞳にくぎづけ(BREATH)(2002年)
 ・F1♪Daybreak[HAL‘s Mix 2002](2002年)
 ・F1/FZ1♪Heartplace(2003年)
 ・FZ1/F1♪RAINBOW(2003年)
 ・FX5/FX1♪Because of You(2003年)
 ・FX7♪CAROLS(2004年)
 ・FX7♪CAROLS-CLASSICAL vorsion-「新色Ver.編」(2005年)
 ・FX8♪alterna(2005年)
 ・FX9♪Will「旅にルミックス編(舞妓AYU編)」(2005年) 
 ・FX01♪Ladies Night?another night?(2006年)
 ・FX07♪JEWEL(2006年)
 ・FX30♪part of Me(2007年)
 ・FX33♪talkin' 2 myself「おまかせiA編」(2007年)
 ・FX35♪Mirrorcle World (2008年)
・【ミニコンポ「D-dock」】
 ・57MD♪Free & Easy(2002年)
 ・77MD♪everlasting dream(2003年)
 ・700MD♪GAME(2004年)
 ・710SD♪STEP you(2005年)
 ・SX800♪Bold & Delicious(2005年)
 ・SX850♪1 LOVE「ドッキングする!? あゆ編」(2006年)
・【SDオーディオプレイヤー「D-snap」】
 ・SD100V「アクション編」♪STEPyou(2005年)
 ・SD350V♪Bold & Delicious(2005年) 
 ・SD370V♪Beautiful Fighters(2006年)
 ・SD800N♪1 LOVE「騒音を消す!? あゆ編」(2006年)
・【ブラウン管テレビ「デジタルタウ」】
 ・♪Daybreak(2002年)
・【DVDレコーダー「DREAM」】
 ・♪Daybreak(2002年)
・【プラズマテレビ「VIERA」】
 ・「100M編」(2004年)
 ・「ダイビング編」(2004年)
サントリー
・【BOSSコーヒー】
 ・♪L-O-V-E「工事現場編」(2002年)
 ・♪L-O-V-E「サンタ編」(2002年)
 ・♪L-O-V-E「ボクシング編」(2002年)
 ・♪L-O-V-E「花嫁編」(2003年)
 ・♪L-O-V-E「ウエスタン登場編」(2003年)
 ・♪L-O-V-E「決闘編」(2003年)
・【フレシネワイン】
 ・♪WHITE CHRISTMAS「本物のクリスマス編」(2004年)
ミスタードーナツ
・「出合い編」(2002年)
・「別れ編」(2002年)
・「追憶編」(2002年)
グッゲンハイム美術舘展
・♪INSPIRE(★) (2005年)
カメリアダイヤモンド
・「ブライダルハート バイク編」♪fairyland(★) (2005年)
カプコン
・【新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(プレイステーション2ソフト)】
♪Startin'(★) (2006年)
ゼスプリインターナショナル
・【ゴールドキウイ】
 ・「食べた瞬間編」♪BLUE BIRD(★) (2006年)
 ・「ブランコ編」♪glitter(★) (2007年)
ほか

浜崎あゆみ 関連項目
三浦加納子 - 専属ネイルアーティスト

資料
1.^ “浜崎あゆみが長瀬智也との破局告白” 日刊スポーツ: 2007-07-13. 2007年7月15日閲覧.

浜崎あゆみを応援してね!→  entameranking



   セクシーなグラビアアイドル画像がいっぱい ⇒  FC2ブログランキング

   気になるアイドル画像がいっぱい ⇒  人気アイドルランキング

   気になる芸能界の裏ネタや芸能界の噂がいっぱい ⇒  芸能界のう・わ・さ!!



  古いパソコンがサクサク動くようになるウイルス対策ソフト

  アクセスアップ.NET(無料でアクセスアップ)

アイドルチャンネル

人気ブログ ranking
アイドルセクシー画像ギャラリーランキング

FC2ブログランキング
電子書籍・電子コミックをダウンロードして読む。読書の新しいスタイル!

グラビアアイドル ranking
「芸能界の噂ランキング」芸能界の裏ネタ、裏画像など極秘情報満載!!

エンタメ ranking
大画面で楽しむオンデマンドムービー DMM.TV

セクシーアイドル ranking


人気アイドルランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン CoRichブログランキング FC2ブログランキング

コメント

セックス後にオナニーwww


3回もセクスしたのに、寝てたらゴャSラ。でしてる…
よく聞き耳たてたら「ハァハァ」言っててオナニーしてたwww

俺のセクスそんなにダメか!?
http://relax9ma.net/ona529/fliix/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gravureidol120.blog120.fc2.com/tb.php/63-b097cc3f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。